2007年05月07日

加圧トレーニングとは?

スポンサードリンク


加圧トレーニングとは、専用のベルトを使って腕や足の付け根を加圧して、血流を適度に制限することにより、負荷の低いレジスタンス運動でも負荷の高いレジスタンス運動と同じ効果を、より短期間、短時間で得られるトレーニング方法です。つまり加圧トレーニングは、専用ベルトで肉体に圧力をかけることによって、トレーニングによって得られる効果を増幅させるトレーニング方法です。
そして、加圧トレーニングは、成長ホルモンなどの内分泌系ホルモンの分泌を促進するためダイエット効果抜群です。
さらに、様々な医学的効果、生理学的効果も得られるので、医療、健康、スポーツ分野、航空宇宙医学分野においても注目されています。

加圧トレーニングダイエットができるのは、成長ホルモンの分泌を加圧によって促すからです。成長ホルモンとは、筋肉や骨などの成長を促進させたり、体脂肪を分解したりする作用がある物質で、これの分泌を促すことで、健康な肉体を作ったり、ダイエットに効果があります。成長ホルモンは、通常、運動後や睡眠時に多く分泌されますが、その分泌量は年齢とともに減少しますし、運動量もそれなりに必要です。しかし加圧トレーニングは、短時間の運動でも長時間の運動と同じ効果を得るトレーニング方法なので、効率よく成長ホルモンを分泌させることができるのです。そのため、一般的な運動によって脂肪を燃焼させるダイエット方法に比べて、効率よくダイエットすることができるのです。

posted by ka-na at 23:35 | 加圧トレーニングとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。